CYG-18802
風校正器

概要 

CYGシリーズの校正器です。

仕様

CYG-18802/18811 風速回転校正器

風速の回転と出力関係を校正するための校正器です。ハンディタイプのコントローラで回転数を設定して、出力をチェックします。回転数は、15,000RPMまで可能です。
また、電池で駆動することも可能です。

スクロールすることができます

  CYG-18802 CYG-18811
レンジ

200~15,000RPM

(100RPMステップ)

20~990RPM

(10RPMステップ)

回転方向 時計回り、反時計回り設定可能
表示分解能 1RPM 0.1RPM
精度 0.1RPM
電源

9V*2または

AC100V(ACアダプタ付属)

CYG-18112/18212 風向校正器

この円盤に風速計をのせて、風向出力の校正を行います。1度単位の校正を行うことができます。

CYG-18112は左の写真のように、屋内での校正に用います。
CYG-18212はタワー上でのチェックに用いるため、円盤の下に、34φのタワー取り付け用治具がついています。

スクロールすることができます

  CYG-18112 CYG-18212
用途 ラボ用 タワー用
レンジ 0-360度
分解能 0.5度
電源 不要

CYG-18310/18312風速回転トルク校正器

風速計ベアリングの起動トルクを測定することができます。

スクロールすることができます

  CYG-18310
用途 ラボ用
レンジ 0-5.4gm-cm
分解能 0.1gm-cm
電源 不要

CYG-18331風向回転トルク校正器

風向計ベアリングの起動トルクを測定することができます。

スクロールすることができます

  CYG-18331
用途 ラボ用
レンジ 0-5.4gm-cm
分解能 0.1gm-cm
電源 不要