CYG-5108MA/CYG-5108-8214P
海用風向風速センサー

概要

CYG-5108MAはCYG-5106の後継機で、 CYG-5108の海用または、条件の厳しい場所向けの風速計です。CYG-5108と同様にセラミックベアリングを用いており、更に、接続ボックスをなくし、ケーブルの接続部が露出して腐食しないようになっています。CYG-5108-8214Pは強風地域でより長期間の計測ができるように、プロペラピッチが異なったものを使用しています。

同じ風速でもCYG-5108-8214Pは回転速度が遅く、ベアリングの寿命を延命します。保守点検が難しい地点などにも向いています。ボディーはCYG-5106と同様に強化されています。すなわち、ボディーとポストのあいだはネジ留めされており、脱落を防止。接続ボックスがないので、防水性にも優れています。

低風速から、高風速まで、ワイドな測定レンジを持ちます。CYG-5108MA/-8214Pは電源を必要としないので、無電源長期の連続観測に最適です。C-CR300/C-CR800/CR1000Xに直接接続可能です。C-CR800/1000Xで風を計測すると、任意のサンプル周期で平均風速、ベクトル平均風向、最大風速、起時の測定が可能です。

船舶などに取り付ける場合、動力機器の近傍をケーブルが通る、船舶無線を受けるなどノイズの影響を受ける可能性のある場合には、電流変換器をお奨めします。

CYG-86106は海用の超音波風速センサーで、鳥除けと防水性が強化されています。仕様はこちらご覧下さい

オプション

CYG-6206 表示器

船舶用風向風速表示器。
GYG-6201と同様ですが、船舶中心の風向表示になります。

CYG-32500 磁気方位センサー

船舶や、ブイなど回転、移動するものに風向風速計を取り付ける場合に、真風向を出力します

仕様

スクロールすることができます

型 式 CYG-5108MA/
CYG-5108-8214P
特徴 長寿命ベアリング
推奨使用方法 データロガーに AC周波数、ポテンショ出力計測機能があること
項 目 風速 風向
測定レンジ* 0-100m/s

機械的 0-360°

電気的 0-355°

校正レンジ* 0-70m/s 0-355°
起動風速 1.0m/s
耐 風 速 100m/s
距離常数 2.7m(63%)  
測定方法 周波数 ポテンショメーター
出   力 CYG-5108MA 0.098m/s/Hz 0-10Kohm±20%
CYG-5108-8214P**) 0.166m/s/Hz

電圧電流出力

(オプション)

電圧変換ユニット CYG-5608C: 0-5V/0-100m/s, 0-360°

電流変換ユニット CYG-5638B: 4-20mA/0-100m/s, 0-360°

精   度 0.3m/s ±3deg
ベアリング オイルフィルセラミックベアリング オイルフィルセラミックベアリング
寸法・重量 プロペラ直径18cm  37H x 55 Lcm 1Kg
ケーブル

10m 付属

動作温度 -50~+50℃
取付方法

外径34mmφパイプに差込み

単位ベクトル平均風向についてはこちら

データロガーによる計測方法

AC周波数とポテンショメータの計測ができるデータロガー

例)C-CR300/800/1000

*)測定レンジは出力可能な範囲、校正レンジは校正器による出荷及び検査時範囲
 

**)データロガーの変換係数が5103シリーズとは異なります。ご注意ください

サポート情報

スクロールすることができます

CYG-5108-8214P

配線図

CYG-5108-8214P

ヘッド部分部品図

CYG-5108-8214P

パーツ図

接続ボックスはなく、ケーブルがダイレクトに出ています。
また、ポストとボディ上部の接続部がネジで強化されています。