CYG-86000/86004/86106
2成分超音波風速計(CYG-86000)

ドキュメントダウンロード

概要

スクロールすることができます

 

CYG-86000

ノーマルモデル

CYG-86004

ヒーター付モデル

CYG-86106

海用モデル

 

CYG-85000の後継機、CYG-86000は信頼性、耐腐食性の高い2成分の超音波風速計です。水平2方向別々に測定された音速から、風向風速(風のベクトル)を計測します。

可動部分がないので、0m/sからの計測が可能です。広い測定レンジ、コンパクトな大きさ、省電力というような、外見上の特長の他に、出力信号としては電圧電流アナログ出力と種々な仕様のデジタル出力を持っています。
上部にカバーのない測定方式なので、自然風との誤差が小さい測定が可能です。

センサーは軽量(0.4kg)なので、1“パイプ(34mm)に差し込んでとりつけるだけと、設置が非常に簡単です。

CYG-86004は86000にヒータがついた、低温環境用のセンサーです。

CYG-86106は海用のセンサーで、出荷時にNMEA出力となっています(それ以外はCYG-86000と同じ)。

CYG-85000との違い

スクロールすることができます

項目 CYG-86000 CYG-85000(旧モデル)
分解能

0.01m/s

0.1°

0.1m/s

起動風速 0.01m/s 0.1m/s
出力レート 0.1-20Hz

標準1Hz

最大4Hz

アナログ出力

0-5V

4-20mA

0-5V
デジタル出力 RS-232C/485

RS-232C/485

SDI-12(ver. 1.3)

電源

10-30VDC <20mA

24VDC60W(CYG-86004)

9-16VDC 30mA平均
動作環境 -50~+60℃ -50~+50℃
大きさ・重量 29cmH*11cmφ 0.4kg 34cmH*17cmφ 0.7kg
材質 ボディーもプラスチック ボディーがアルミ

船舶や、ブイなど回転、移動するものに風向風速計を取り付ける場合に、真風向を出力します。

仕様

スクロールすることができます

型式 CYG-86000/86004/86106 
要素 風 速 風 向
測定範囲

0-75m/s(精度保証範囲)

0-65m/s(CYG-86004)

水平 0-360°
気象庁検定範囲 0~25m/s 
精度

±2%rms ±0.1m/s(0~30m/s)

±3%rms(30~70m/s)

±2°
分 解 能 0.01m/s 0.1°
起動風速 0.01m/s
出力レート 標準1Hz、0.1Hz~最大20Hz(アナログ、デジタルとも)
超音波周波数 200kHz
アナログ電圧出力

風速:0-5V/0-100m/s

風向:0-5V /0-360 or 0-540

アナログ電流出力

風速:4-20mA/0-100m/s

風向:4-20mA/0-360 or 0-540

デジタル出力

RS-232 or RS-485/422

1200,4800,9600,19200,38400BPS

デジタル出力

FORMAT

ASCII Text(polledか連続)

RMYT(CYG-6201表示器用)

NMEA

出力単位 m/s、cm/s、MPH、 Knots、 km/hr
動作環境

-50~+60℃

防水性:IP66

電源
  • CYG-86000/86106

   10-30VDC <20mA/ヒータなし

  • CYG-86004

   24VDC 60W/ヒータ含む

大きさ・重量 29cmH*11cmφ 0.4kg
取付パイプ 34mmφ(外径 1”パイプ)

※注意 積雪がセンサー部にあると測定できません。

オプション

初期電源セット

以下の条件に当てはまる場合、初期電源セットの購入をお勧めします。

初期セットの構成
(ソフトは写真に入っていません)

アナログ出力端子状況

ヒータ電源(24VDC 60W)は別

高速な計測には


データのモニター(表示)


結線方法

スクロールすることができます

CYG-6201表示器

CYG-6206表示器

電圧出力(0-5V)

電流出力(4-20mA)

RS-232C出力(PCなど)

RS-485出力(遠距離など)

センサー外形図