CYG-815000-ini/815000-ini-H/815000-ini-485
初期電源セット

仕様

以下の条件に当てはまる場合、初期電源セットの購入をお勧めします。

・初めてCYG-81000/85000を購入
・手持ちDC電源やケーブルがない
・購入後即、計測を始めたい
・PCでデータを収録したい

初期電源セットの構成
(ソフトは写真に入っていません)

 本体背面
ヒューズ、電源スイッチ、動作LED、RS232C通信ポート

スクロールすることができます

型式 CYG-815000-ini CYG-815000-ini-H (ヒータ付) CYG-815000-ini-485

出力

(PCとの接続)

アナログ: 4ch

デジタル: RS-232C Dsub9

通信ケーブル Dsub9 M-F 1m
センサーとの通信 RS-232C   RS-485
ケーブル 10芯ケーブル
標準10m(延長可能)
  ご指定ケーブル長
センサー用電源 DC15V 10W
入力電源

AC100V 10W

ACアダプター出力:DC15V 10W

DC電源入力も可能

ヒータ電源 DC24V 60W(ヒータ用ACアダプター)
重量 約400g
付属品

センサーケーブル10m標準

電源ケーブル2m

通信ケーブル1m

データ収録ソフト(Cload)収録CD

予備ヒューズ1個

選定コメント ケーブル15m以内はこちらを選択。 PCと15m以上の距離で通信をしたい場合は、RS-485による通信を推奨
  • CYG-81000 接続ブロック図
  • CYG-85000 接続ブロック図

C-CR1000XまたはC-CR800

デジタル表示器はこちら

CYG-81000Vは4ch入力
0-5V:2ch(V1,V2)、0-1V:2ch(V3,V4)
精度:0.1%、分解能:1/4000

円形表示器CYG-6201

出力は、RS485 RMY Format 限定 4Hz 9600BPS
標準では、RMY出力を現在搭載していないので、この表示器を使用する場合、ファームの変更が必要です。